眠れる方法はこれだ!(グッズ編)~睡眠アプリって、どうよ?~

グッズ

眠れる方法はこれだ!(グッズ編)~睡眠アプリって、どうよ?~

今日も不眠で悩む不眠子(フミコ)ちゃんが、
「眠れる方法」について先生に聞いています。

眠れる方法はこれだ!(グッズ編)~睡眠アプリって、どうよ?~

先生  「先日、無料のスマホアプリで面白いものを見つけましたよ。」


フミコ 「アプリですか?どういうものですか~?」


先生  「スマホのアプリを起動させて、
     睡眠中、横に置いておくだけで、
     その日の眠りの深さなどのデータがわかる、、
     というものです。」


フミコ 「へ~、それはスゴイですね。」


先生  「しかも、目覚ましの機能も付いていて、
     ちょうど眠りの浅い時を見計らって
     アラームが鳴ってくれるんです。」


フミコ 「それは嬉しいですね。
     それが無料のアプリでできるんですか?!」


先生  「はい。なかなかの優れものでしょ。

     このアプリは、

     『Sleep Meister
      -睡眠サイクルアラームLite-』

     といいます。」


Sleep Meister-睡眠サイクルアラームLite-

まずは、「App Store」で
検索してみてください。

そして、検索結果でこれが出たら、入手。

↓↓↓


ダウンロード後は、
このアイコンをタップして起動させます。


あとは、起きる時間のタイマーをセットして、
そのスマホを枕元に置いて寝るだけ。
↓↓↓

↑↑↑
このように、8時にセットしておけば、
7時30分から8時までの時間で、
『眠りの浅い時間』を見計らって、
タイマーが鳴ってくれます。


起きたら、こんな感じで、
その日の眠りの深さがわかります。
↓↓↓




その他、いろいろなデータも取れますので、
ご自身の睡眠メモとしても使えます。




フミコ 「へ~。これは面白そうですね。」


先生  「でしょ。笑

     注意していただきたいのは、
     寝るときに置いておくスマホの位置。

     遠すぎると感知できずにエラーが出ます。」


↓↓↓ こんな感じに。


先生  「なので、結構、身体の近くに
     置いておく必要があります。

     寝相が悪い人は、翌朝、
     スマホが行方不明になってることもあるかも。。(笑)」


フミコ 「ベッドの奥に落ちて、
     タイマーの音に気付かなかったら大変ですね・・・」


先生  「あとデメリットとしては、
     今のところiPhoneでしか使えないこと。

     それと、、

     寝てる間ずっと作動させて
     おかないといけないので、充電を消耗します。

     寝る前に充電を満タンにしておいても、
     翌朝には半分くらいになってますね。」


フミコ  「でも面白そう!さっそく使ってみます!」




以上、

『眠れる方法はこれだ!(グッズ編)
 ~睡眠アプリって、どうよ?(1)~』

でした。

アプリはいろいろな種類がありますので、
面白そうなものがありましたら、
またご紹介したいと思います。


最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。


1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ